ようこそ名古屋大学F研のホームページへ

当研究室では、素粒子を観察できる写真フィルム(原子核乾板)の技術を主に用いて、宇宙の成り立ちに関わるニュートリノを含む素粒子の研究、ダークマター候補である未知の粒子の探索、これら技術を応用した宇宙ガンマ線観測計画GRAINE、宇宙線による巨大構造物の透視(ミューンラジオグラフィ)の研究や、中性子測定の研究などを推進しています。
原子核乾板の原料となる写真乳剤(原子核乳剤)と、素粒子が原子核乾板の中に残す痕跡(飛跡)を自動に高速で読み取る顕微鏡(飛跡読取装置)の開発を独自に行っています。

GRAINE実験のページへ 暗黒物質直接探索実験のページへ
NINJA実験のページへ 一般の方向けのページへ
写真乳剤開発のページへ 飛跡読取装置開発のページへ

TAUP 2019:16th International Conference on Topics in Astroparticle and Underground Physics における発表

2019年9月9-13日
Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

口頭発表
・Directional Dark Matter Search with Nuclear Emulsion
Osamu SATO


J-PARC Symposiumu 2019 における発表

2019年9月23-26日
Tsukuba International Congress Center “EPOCHAL TSUKUBA”

ポスター発表
Status and future prospect of the NINJA experiment
Tsutomu Fukuda


2019年度 日本物理学会 秋季大会 における発表

2019年9月17~20日
山形大学 小白井キャンパス

口頭発表
・NINJA実験の物理ランに向けた準備状況と今後の展望
鈴木 陽介
・宇宙線イメージングのための原子核乾板を用いた低エネルギー領域のミューオンフラックス測定
干潟紘太郎
・原子核乾板における新たなノイズ評価手法の開発
中野 昇
・エマルジョン暗黒物質探索実験NEWSdm(1) ~解析装置開発現状~
小林龍太, 中竜大A, 中野敏行, 梅本篤宏, 白石卓也A, 轟祈, 濱野風海, 佐藤修B, 久下謙一C, 浅田貴志D,駒谷良輔, 他 NEWSdmコラボレーション
・GRAINE計画:2018年気球実験コンバータ部ガンマ線観測性能
小宮山将広
・GRAINE2018実験での 気球高度における 大気ガンマ線の測定
六條宏紀
・DsTau実験におけるタウニュートリノ生成研究 -パイロットランの解析 -
佐藤修


NuFact2019:21th International workshop on neutrinos from accelerators における発表

2019年8月26-31日
The Grand Hotel, Daegu, Korea

口頭発表(Invited)
Nuclear emulsion detector for future neutrino research -NINJA and EMPHATIC-
Tsutomu Fukuda

口頭発表
Study of tau-neutrino production at the CERN SPS
Osamu Sato


Rencontres du Vietnam : 3 Neutrinos and Beyond における発表

8/4-10 Vietnam, Quy Nhon, ICISE

口頭発表
Cross section measurement with NINJA: Status and Prospects
Yosuke Suzuki


36th International Cosmic Ray Conference -ICRC2019-  における発表

July 24th – August 1st, 2019, Madison, WI, U.S.A.

Poster
Gamma-ray Imaging Performance of Nuclear Emulsion Telescope in GRAINE-2018 Balloon Experiment
Hiroki Rokujo


CYGNUS 2019 における発表

CYGNUS 2019
2019年 7月10-12日
ローマ大学  (the campus of La Sapienza in Roma (Italy))

口頭発表
Analysis Chain for NEWSdm Experiment
Ryuta Kobayashi on behalf of the NEWSdm Collaboration


2019年度 コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励金 を受賞しました

日本写真学会において、福田 努 研究員が2019年度コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励金を受賞しました。
受賞テーマは『原子核乾板を用いた次世代ニュートリノ検出器の開発』です。

概要はこちら
https://www.spij.jp/award/


2019年度 日本写真学会編集長賞 を受賞しました

日本写真学会において、六條宏紀 研究員が日本写真学会編集長賞を受賞しました。
受賞テーマは『気球搭載エマルション望遠鏡のγ線イメージング性能』です。

概要はこちら
日本写真学会 2019年度年次大会実施報告


2019年度 日本写真学会 年次大会における発表

2019年7月4-5日
千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館

口頭発表
・NINJA実験:原子核乾板とJ-PARC加速器を用いたニュートリノ反応の詳細研究
福田 努
・原子核乾板を用いた宇宙線イメージング技術のための水中でのミューオン フラックス測定
干潟紘太郎
・tiny fogの観測
中野 昇

ポスター発表
・気球搭載エマルション望遠鏡のγ線イメージング性能
六條宏紀
※日本写真学会編集長賞受賞