丹羽名誉教授

丹羽公雄(NIWA Kimio)  名古屋大学理学研究科 名誉教授

Prof.Niwa

丹羽教授経歴

1975年 日本学術振興会奨励研究員
1976年 理学博士(名古屋大学)取得
1977年 (財)豊田理化学研究所奨励研究員
1978年 名古屋大学理学部 助手
1987年 同 助教授
1994年 同 教授
1996年 名古屋大学大学院理学研究科 教授

2008年 退職

 

丹羽教授研究業績

1972年 丹生潔教授指導のもとに、X粒子(チャーム粒子)の研究を開始する
1975年~ 原子核乾板飛跡自動読取装置の開発実用化研究
準自動解析装置の基本原理、全自動解析装置の基本原理を発案
若手を指導し、世界初の原子核乾板飛跡自動読取装置を開発
今日の大規模実験で使用できるまでに発展させる。
1978年~ 原子核乾板・カウンター複合実験技術を創案し、
チャーム粒子・ビューティ粒子、ニュートリノの研究を行なう。
1988~92年 ダブルハイパー核・Hダイバリオンの研究
KEK・E176実験(名大-京大共同研究)名古屋大学側代表。
ダブルハイパー核の検出に成功(世界初)(1991)
1990年~ ニュートリノ振動の短基線における研究
CHORUS実験の日本側代表
1994年~ タウニュートリノの検出及びその性質の研究DONUT実験の日本側代表
世界初のタウニュートリノ反応の検出に成功(1998)
1999年~ ニュートリノ振動の長基線における研究
OPERA実験の日本側代表(OPERAのCo-Spokesman)
2004年 「原子核乾板全自動走査機によるタウニュートリノの発見」で
平成16年度仁科記念賞を受賞

Comments are closed.